企画展 · 9月 28日, 2019年
 案内状に書かれているように600枚ものカルタが並んでいる。「人間ばかりでなく、動物や昆虫、爬虫類や植物」が童話のように、そして時にはグロテスクに、鳥獣戯画とか狂画のように、小さなカルタとして、モノクロームであるいはカラフルに描かれていた。
企画展 · 9月 27日, 2019年
9月28日(土)より森洋子カルタ展が始まります。 人の心模様を標本にした「人間カルテ」が200枚。「人文字カルタ」や額装作品など全部で600枚を展示。会期は10月20日までです。
出版部門 · 8月 28日, 2019年
この夏、森の小屋ではKINOMITANの開催中に「喜劇駅前食堂」という変わった名前の雑貨店兼ギャラリー(長野の八千穂駅前)で森洋子の「短冊展」を開催していました。お盆の翌週に森の小屋の展示を片付けて、やっと25日(最終日)に駆けつけることができました。...
企画展 · 8月 08日, 2019年
今回は炉を使って一度に8個の缶を炭火で焼く。 缶が多いと誰の缶かがわからなくなってしまうので、自分が入れた中身をよーく覚えて炉に投入。 待つこと30分。 さあ、とりあえず一人に一つの缶をオープン! 中身を確認して交換です。 今日もよくできました。
企画展 · 8月 08日, 2019年
1階はインテリア雑貨としてのKINOMITAN。2階はアート作品としてのKINOMITAN。 夏休みとあって、子どもたちの夏休みの自由研究に役立つよう「種の散布」展示もあります。風邪で飛ばされる種。動物に食べられたり毛にくっついたりして運ばれる種。水に流されて運ばれる種が標本になっています。吹き抜けを利用して、風邪で飛ばされる種飛ばしの実験も。
企画展 · 7月 27日, 2019年
初回の炭焼きワークショップは人数が少なかったので七輪でやってみました。 最初に木の実を選びます。 選んだ木の実を缶いっぱいに入れて蓋をします。 炭火が安定したら缶を直置きします。 しばらくすると、油分の多いピーナッツなどが燃えて缶の淵から火がチロチロ出ます。 30分ほど経過し、火から下ろして濡れ雑巾で冷やします。...
企画展 · 7月 27日, 2019年
一階は「試験管シリーズ」が壁にずらーり。 真ん中のテーブルにはガラスボウルやカップに入ったKINOMITAN!
企画展 · 7月 10日, 2019年
今回は、「どんぐりノート」をはじめ植物をテーマにした絵本図鑑シリーズなどを数多く手がけている絵本作家いわさゆうこさんの企画展です。 さすが、どんぐり博士のいわささん!  いろいろな木の実を炭にしちゃいました。
企画展 · 5月 20日, 2019年
マークさんのコンサートが無事終わりました。 約40名のお客様が森の小屋にいらっしゃるのは初めてです。 新緑の雑木林を背景にステージを設け、一階の客席は、金井一郎さんの「銀河鉄道の夜」の展示に使った角材で作ったベンチをメインに35名のキャパを確保。二階席はマークさんの演奏をゆったり聴けるようにチェアを5席。...
企画展 · 5月 04日, 2019年
1階の「街に燈る」の展示。 ドアを開けると、ほの暗い中にあかりの作品が並んでいます。 照明器具の作品は台座と傘を選べるようになっています。

さらに表示する